QOLのリフォーム事業

どんな工事もQOLにお任せください

QOLでは、住まいのさまざまなリフォームのご依頼に対応しています。

お困りごとはないですか?

・キッチンやバスルームなどの水廻りの新調
・電気や水道・配管関連の工事
・蛇口の交換や浄水器の設置
・LED照明への取り換え
・床やクロスの張り替え

上記以外でも、住宅に関することならなんでもご相談ください。

アナタのおうちは大丈夫ですか?

家にも耐用年数や修繕サイクルが設定されています

そうした時期が近付くとリフォームを考えたほうがいいかもしれません。
対象箇所によって家のメンテナンス時期がだいたい決まっています。
例えば、瓦屋根の場合は20~30年、サンディングの屋根の場合は10~15年周期でメンテナンスをすることで、家を長持ちさせることができると考えられています。

しかし、生活に支障や倒壊の恐れなどある場合は、今すぐリフォームを検討しましょう。
放置しておくと、いざリフォームするとなった段階でかなりの出費になってしまうこともあります。
修繕範囲が小さいうちに対象箇所をリフォームして、「長生きする家」にしましょう。

リフォームの方法

まとめてリフォームがオススメです

その中でも効果が大きいのは「まとめてリフォーム」することです。
特に浴室+洗面所+給湯器などの「水まわり」は、できるだけ同時にリフォームしましょう。

バラバラに工事をするよりも関連工事をまとめて行うことで、効率が上がって費用も削減できます。
また、一般的にリフォームのボリュームが大きくなるほど、費用の相談や調整がしやすい傾向にあり、コストダウンがしやすくなります。

費用面や効率以外でも「まとめてリフォーム」にはメリットがあります。
例えば、浴室のリフォームを考えている場合、洗面所やトイレなども同じメーカーで統一させることで、見た目や統一感も良くなります。
バリアフリーのリフォームの場合でも、一部分ではなく全体をバリアフリーにした方が効率的です。

水まわりのリフォーム

水まわりのリフォームのタイミングは15~25年が目安

劣化の進行速度にもよりますが、タイル張りの在来工法の浴室の場合、築15~20年程度で土台や下地材が腐食していることがあります。
また、小さなひび割れでも放置しておくと水を吸い込み、内部で腐食が進むケースもあります。
これらに気づかずに水まわりのリフォーム時期を逃してしまった結果、構造部まで腐食が進んでしまって補修費用がかさんでしまうこともあるので注意が必要です。

なお、水まわりのリフォームの時期の目安は、劣化によるものだけではありません。
築15年を過ぎる頃には、浴室内ではカビが目立つようになったり、キッチンでは汚れや不便さが気になったりし始めます。
快適に使用できなくなったと感じた時はリフォームのタイミングと考えたほうがよいです。