太陽光発電とは

クリーンな太陽の光エネルギーを使って発電

太陽光発電は、太陽の光エネルギーで発電することです。
太陽の光は使っても枯渇しないため、再生可能エネルギーの1つとされています。

世界で初めて太陽光発電が使われたのは、1958年のアメリカの人工衛星「ヴァンガード1号」で、燃料が届かない宇宙で電源として用いられました。
発電中にCO2などの有害物質が出ないため、世界中で注力されています。

太陽光発電の仕組み

エネルギーを変換する必要があります

10kW未満の発電容量で発電した電気を家庭用として使うことができます。
10kW以上なると、産業用として扱われます。

太陽光発電エネルギーは直流電流であり、いきなり家電には使えません。
家電で使うためには、交流電流に変換する必要があります。
それには、パワーコンディショナーという変換するための機械が必要です。
パワーコンディショナーで交流電流に変換された後は、分電盤を通じて家電製品へ電気が送られ、使用することができます。

太陽光発電のメリット

空気を汚さず騒音もありません

太陽光発電はクリーンで、CO2を出さないことが最大の魅力です。
発電するときの騒音も出ないので近隣への迷惑もなくオススメです。

また、オール電化の住宅と相性がよく、エコキュートやIHクッキングヒーターの組み合わせで光熱費が節約できます。
自家消費せずに余った電力を売る「余剰売電」なども可能です。

蓄電池とは

蓄電池で電気を貯めておけば安心です

太陽の光エネルギーを変換して電気を作ることができます。
ですが、太陽光発電だけでは発電した電気を貯めて好きな時に使ったりすることはできません。

蓄電池を設置することで発電した電気を貯めておくことができるようになります。
これにより、適切な時に電気を使うことが出来るので、さらに電気代を下げる効果もあります。
夜や災害などで停電して電気が使えない非常時でも、貯めておいた電気を使うことが出来ます。
太陽光発電をお考えでしたら、蓄電池の設置もおすすめします。